パッケージ印刷の出力センター|パッケージ印刷の旭グラビア製版センター

パッケージ印刷の出力センター

パッケージ印刷の「2つの困った」を解決するサービス

小ロット印刷ができない

小ロット印刷ができない

パッケージ印刷において、3000m以下、2000m以下の小ロット印刷のニーズが多くなってきています。 しかしコストの問題でなかなか解決できません。

多品種印刷ができない

多品種印刷ができない

商品数が多くなるにつれ、パッケージの多品種化も進んでいます。 キャンペン用パッケージだけでなく、試作品用など、多用途のパッケージが求められていますが、解決できていません。


この2つの解決するのが「パッケージ印刷の出力サービス」

小ロット・多品種に対応できます

当社のIndigoデジタル印刷機を活用して、御社の小ロット・多品種のパッケージ印刷を弊社にて代行して行います。 まるで御社の印刷機のように活用していただけます。

多品種印刷ができない

パッケージ印刷の出力センターの概要

下記のような流れで小ロット多品種のパッケージ印刷をお受けいたします。

お問い合わせ
ご相談
まずはお問合せ・ご相談ください。納期、仕事内容等を確認させていただきます。
お見積り
納期確認
お見積りをご提示し、納期を確定させます。OKでしたら正式発注となります
デザインデータ
原反のご送付
御社よりデザインデータ・原反を弊社に送付ください。
送付先は下記にお願いしたします。
株式会社旭グラビア製版センター
〒921-8002 石川県金沢市玉鉾4-170-1
メール:info@asahig.co.jp
※デザインデータはメールメール添付で送付いただいてもOKです。
※データのサイズが大きい場合は宅ファイル便などをご利用ください。
印刷 頂いた原反とデザインデータを用いて必要ロットを印刷いたします。
納品 加工等は一切いたしませんので、印刷されたロール状の原反を御社に納品させていただきます。

パッケージ印刷の出力サービスの4つの特長

小ロット対応

2000メートル以下の極小ロットに対応できます。 パッケージの試作品作りや限定数量の商品パッケージなどでご利用ください。

多品種対応

デジタル印刷ですので、可変印刷も可能です。 季節ごとのパッケージ印刷、イベントやキャンペーン別のパッケージ印刷などが可能です。


多様な原反に対応

OPPフィルム、PETフィルム、ナイロン、紙、レーヨン紙などロール原反に対応実績のない原反はテスト刷りが必要です。 (東洋紡様、フタムラ様は実績あり)

短納期・低価格・高品質

加工いたしませんので短納期で低価格です。 またデジタル印刷ではありますが、グラビア印刷に負けない品質を持っています。


パッケージ印刷の出力サービスのお問い合わせ・ご相談

今は相談が無い方でも、将来いつでも相談ができるように、まずは一度お問い合わせください。 相談から納品までの流れについて御社と調整させていただき、いつでも対応できる体制を作っておきましょう。

お問い合わせ・ご相談